Progateは意味ない?最善の使い方とステップアップ手順

「Progate」は勉強する意味ない?

初心者向けのプログラミング勉強ができるProgateですが、意味がないんだとしたら使いたくないですよね?

そこで、この記事ではProgateは意味ないのかについてまとめました。

  • Progateを有効に使う方法
  • Progateを使う時に注意点
  • どのように勉強を進めていけばいいのか?

このあたりのポイントを解説しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

Progateが意味ないなんてことはない!ただ、使い方には要注意です。

プログラミングスクールに入ることよりも大事なこと(重要)

結論から言いますと、Progateをやる意味はあります。

ただ、使い方には注意が必要で、Progateの内容を暗記しようとしたり、何周もやってしまうのはおすすめしません。

Progateの内容はあくまで基本中の基本。

野球のバッティングで言いますと、バッティングの本を読むようなものです。

実際に打つにはバッティングセンターに行ったり、試合で打席に立たないといけません。

  • Progate:バッティングの本
  • サイト模写:バッティングセンター
  • 実務(案件):試合

こんな感じのイメージを持ってください。

本を読むよりバッティングセンターに入った方が効率的ですよね?

プログラミングでも早くサイト模写に移ることを心がけましょう!

Progateが意味ないものになってしまうのはなぜか?

あなたは何がなんでもプログラミングで稼がないといけないですか?

Progateが意味ないものになってしまう原因は

  • コードを書くだけが目的になってしまうから
  • 何回もレッスンを受けて、コードを暗記しようとしてしまうから
  • 早く実践に移らないとやったことを忘れるから

これら3つが挙げられます。

コードを書くだけが目的になってしまうから

Progateは丁寧に解説されているので、解説に従ってコードを書いていけばクリアできます。

でも、それでは根本的な理解につながりません。

  • なぜこのコードを書いているのか?
  • このコードはどんな動作をするのか?
  • 記述されているコードの意味は?

こういったことを考えながらやることが上達への近道です。

コードを書くだけだと根本的な理解に繋がらないので、いざという時に役立たない知識になってしまいます。

ただ、書くのではなく、どんな意味があるのか、どう動作するのかを考え直すようにしましょう。

何回もレッスンを受けて、コードを暗記しようとしてしまうから

Progateのレッスンを1回受けただけでは何がなんだかわからないと思います。

なので、何回も見返して、やり方を覚えてようとしてしまうことが多いんですが、実はこれがNG。

コードを暗記してしまうことが最もよくない勉強方法です。

実際にサイトを模写したり、案件を受けてもみるのが最も早いやり方です。

  1. Progateでは軽く1回やる程度でいい
  2. サイト模写や実際に案件を受けたりする
  3. ②でわからないところをProgateでチェック

実際の作業はGoogleで調べながら行います。

ProgateもGoogleのようなもので、わからなくなった時に調べる時に重宝するものです。

「CSSで背景画像をつけるにはどうしたらいいんだろう・・・」となった時に、Progateを活用しましょう。

早く実践に移らないとやったことを忘れるから

一番記憶に残るのはサイト模写したり、作ってみることです。

Progate受講をたくさんやった後に実践すると、前半にやった内容を忘れてしまいます。

一番重要なのは実践の数。

勉強よりも実際のサイト作成・サイト模写にいち早く移行できるかどうかが重要です。

【Progateの勉強で重要なことまとめ】

Progateはサクッと1回やる
環境構築のために、ドットインストールも1回やる
簡単なサイト模写をやりながら、わからないところをドットインストールやProgateで見直す

Progateから次の学習に移る手順〜すぐにサイト作成へ〜

CodeCampの料金シミュレーション!高いパターンと安いパターン

Progateから次の段階の学習を移す手順としては

  1. HTML、CSSをまずは1回サクッとする
  2. ドットインストールのHTML・CSSを1回やる
  3. 1つ簡単な模写をやってみる

この3つが重要です。

HTML・CSSをまずは1回サクッとやる

HTMLとCSSをまずは1回サクッとやってみましょう。

とにかくサクサクサクサク進んでいくことが大事です。

コードをの記述を全て丸暗記する必要はありませんので、HTMLやCSSでどんなことができるのかを軽く頭に入れる感じで取り組みましょう。

先ほども書きましたが、実践の時にProgateを見直すことになります。

最初のうちは見ながらできればOKなので、「サクッと」を大事にしてください。

ドットインストールのHTML・CSSを1回やる

作業するにはエディターを使わないといけません。

Progateでは開発環境を用意してくれているのですが、ドットインストールではパソコン内に開発環境を用意するところからスタートします。

なので、ドットインストールの方がより実践向きです。

  1. HTML/CSSの概要を理解しよう
  2. もっと詳しくHTML/CSSを学んでみよう

この2つを1回サクッとやってから、実践編に移っていきましょう。

こちらも完璧に覚える必要はありません。

実践の時に見返してできるようになればOKです。

1つ簡単なサイト模写をやってみる

簡単なサイト模写をまずは1回やってみましょう。

この段階の練習としてはしめじさんのブログにある一番簡単な練習用をやってみるのがおすすめです。

Progateとドットインストールの内容でほぼ網羅できます。

わからなくなったところはProgateやGoogleで調べて完成させていきます。

回答を見ても構いませんが、できる限り見ないで進めるようにしてくださいね!

Progateや実践の段階で何が何だかわからなくなった方は独学以外の方法もあり

テックアカデミーはひどいか?料金的には安く設定されています。

ここまでの手順で、HTMLとCSSの基本的な勉強は終了します。

何の問題もなくできた人はさらに次の作業に進んでいって大丈夫です。

ただ、「どう頑張ってもできない」という方は独学だと厳しいかもしれません。

そんな方が知っておきたい選択肢をまとめました。

質問ができる教材を買ってみる

わからないところを質問できると、プログラミングの理解は圧倒的に進みます。

少し値段は高くなりますが、質問を自由にできる教材などもあるので、わからない部分を解決しやすいです。

スキルハックスのような教材も出ているので、完全独学が厳しいという方は活用を検討してみてください。

ただ、教材の場合、基本的に独学というのは変わりません。

あまりにもProgateがわからない場合は教材でも理解が進まないケースがあるので、スクールの選択肢も入れておいた方がいいでしょう。

プログラミングスクールを選択肢に入れる

プログラミングスクールを選択肢に入れるのも1つです。

独学で厳しい方の場合は継続的に相談できる相手がいた方がいいですし、相談できる環境を与えてくれるのがスクール。

Progateがかなりしんどい方はプログラミングスクールを視野に入れましょう。

【スクールに通うメリット】

  • カリキュラムが組まれているのでサボれない
  • 相談相手がいるので、疑問を解決できる
  • 教室受講があると、モチベーションが上がる

ただ、スクールは費用が掛かります。

無料体験や無料カウンセリングで自分に向いているかどうか確認してから、入学するようにしましょう!

他の副業に挑戦してみる

プログラミングがあまりにも難しいと思った場合は他の副業に挑戦するのも1つの方法です。

副業にもいろんな種類があり、どの副業が自分に向いているかわかりません。

一番いいのはやってて楽しい副業を続けることです。

【収益化成功までのプロセス】

まずは挑戦してみる
いろんな難しい面や楽しい面がわかるようになる
楽しいと思えることだけ継続してみる

最初はわからないことが多く、しんどいこともあるかと思いますが、楽しい瞬間を掴むことが大事です。

楽しいと思えるものを早く見つけて、収益化を達成しましょう。

私にとって最も楽しい収入はブログです。(プログラミングじゃないのか!というツッコミはさておき)

ブログに関しては収益化までの手順を解説しているサイトもありますので、一度ご覧ください。

【ブログ収益化までの方法をまとめた「タケのブログゼミ」】

タケのブログゼミ|ブログ収入を初心者でも本気で稼ぐサイト

まとめ:Progateは意味ないのか?意味はあるけど、早く次段階へ!

まとめ:プログラミングスクールは副業目的ならやめとけ!入る人も的確に判断を!

Progateは初心者の勉強用としてはかなり役立ちます。

なので、意味がないなんてことはありません。

ただ、早い段階でサイト模写に移っていかないと、意味のない勉強を繰り返してしまうことになります。

  1. Progate、ドットインストールは1回だけ
  2. サイト模写に移って、わからないところを確認する
  3. Progateでつまづいたら、教材やスクールも検討する

わからないことがあったら、Googleで検索しますよね?

それと一緒の感じで、Progateを活用するといいですよ!